蒲田駅西口から徒歩3分、競技力向上・ダイエット・介護予防・健康維持、全てをサポートできるメディカルトレーニングセンターの中山です。今回は疲労骨折について説明します。

目次

1.疲労骨折とは

2.疲労骨折が起こりやすい部位

3.疲労骨折が起こる要因

4.疲労骨折の特徴

5.疲労骨折の一般的な治療方法

6.疲労骨折を無くすには

7.当センターでの治療の流れ

 

 

1.疲労骨折とは

1回の大きな力で骨が折れる通常の骨折とは違い、同じ部位に小さなストレスが加わり続けることで骨にひびが生じた状態や、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。

痛みがあっても運動を継続できることがあります。明らかな外傷がないことが多いため、捻挫と思っていたら骨折していたケースもあります。少し膨らんだりすることもあるため、膨らみや腫れ・痛みの程度から適切な判断が必要になります。

最初はわずかなひびでも無理して続けると、完全な骨折になります。よくわからない痛みや腫れが続く場合はそのままにせず専門機関を受診することをお勧めします。

 

2.疲労骨折が起こりやすい部位

全身に起こる可能性があるが、起こりやすい場所として、運動による負担を受けやすい足の骨(中足骨)、すねの骨(脛骨)、すねの外側の骨(腓骨)などがあります。また、肋骨、太ももの骨(大腿骨)、腕の骨(尺骨)でも起こります。

 

疲労骨折の好発部位と原因となる運動

疲労骨折の部位と関連するスポーツや身体活動を下記の表に示す。

 

肩甲骨の烏口突起 トラップ射撃
肩甲骨 ダンベルを持ってのランニング
上腕骨 投擲、ラケット競技
肘頭 投擲、野球のピッチング
尺骨 体操競技、バレーボール競泳、ソフトボール、車椅子スポーツ
第1肋骨 投擲、野球のピッチング
第2~10肋骨 ローイング、カヤック
関節突起間部 体操競技、バレエ、クリケット、バレーボール、飛び版飛込み
恥骨枝 長距離走、バレエ
大腿骨頭 長距離走、ジャンプ動作、バレエ
大腿骨体 長距離走
膝蓋骨 ランニング、ハードル
脛骨プラトー ランニング
脛骨体 ランニング、バレエ
腓骨 ランニング、エアロビクス、競歩、バレエ
内果 ランニング、バスケットボール
踵骨 行軍
距骨 棒高跳び
舟状骨 短・中距離走、ハードル、走り高跳び、三段跳び、フットボール
中足骨全般 ランニング、バレエ、行軍
第2中足骨 バレエ
第5中足骨 テニス、バレエ
足部の種子骨 ランニング、バレエ、バスケット、スケート

 

 

3.疲労骨折が起こる原因

1.選手側の要因

・筋力不足

・アンバランスな筋力

・未熟な技術

・柔軟性の不足

2.環境側の要因

・オーバートレーニング

・体力や技術に合わない練習

・不適切なシューズ

・練習場の地面の硬さ

 

4.疲労骨折の特徴

・運動に関する痛みが知らぬ間に始まることが多い

・ウォーミングアップを行っても痛みは軽減されない

・運動によって症状が悪化する傾向にある

・摂食障害の可能性も注意が必要

 

5.疲労骨折の一般的な治療方法

疲労骨折の場合、運動を中止し安静にすることが大切になります。発症した動作が明確な場合その動作を1~2か月程度行わないようにすると、よくなるケースが多いです。

練習なので再び同一部位に負担をかけ続けてしまうと、再発するケースもあります。過度のトレーニングや同じ場所に負担のかかるトレーニングは避けるようにし、トレーニング内容は専門家と相談しながら決めるようにしましょう。

 

6.疲労骨折を無くすには

濵野によると『疲労骨折の原因になる骨吸収を促進する副甲状腺ホルモン(parathyroid hormone)の血中濃度が、中等度の強度(最大酸素摂取量の70%)の 1 時間の自転車エルゴメータ運動後で有意に上昇するが、高強度・短時間・間欠的自転車エルゴメータ運動(いわゆる高強度インターバル運動:運動強度 最大酸素摂取量の170%の20秒の運動を10秒の休息を挟み 6 ~ 7 セットで疲労困憊に至る)後には上昇しないことを報告した。

さらに、骨吸収に関連する血中副腎皮質ホルモンについても上昇が認められないことも明らかにした。
このような高強度・短時間・間欠的運動を用いたトレーニングは、有酸素性及び無酸素性エネルギー供給機構に最大の負荷をかけることにより、最大酸素摂取量と最大酸素借を飛躍的に高め、持久力を高めることが知られている。これらの結果は、このような高強度・短時間・間欠的運動を用いたトレーニングを取り入れることで、骨障害を発症することなく、持久力を確実に高めることができる可能性がある。

従来、持久性競技選手のトレーニングの力点が走距離に置かれていることにより、中等度の強度の運動を長時間行うことによる骨障害を防止するためには、中等度の長時間トレーニングを減らし、高強度・短時間・間欠的運動トレーニングを増やすことが必要である可能性がある。』と発表されています。

 

7.当センターでの治療の流れ

  1. 中山鍼灸治療院では病院で使用されている超音波治療器を導入しており、超音波骨折治療モードを使用することで骨折の治癒期間を4割早めることが可能です。
  2. 1と併用してラジオ波(微弱電流)・低周波(微弱電流)・鍼を使用し、損傷部位の治癒促進を促す
  3. 骨折部位に負荷のかからない(痛みを引き起こさない)トレーニングであれば筋力強化・持久力ともに早期に開始することが出来る。筋力の低下や筋肉のサイズが小さいことが原因で疲労骨折を起きやすくする研究発表もある。当センターでは治療院での治療とメディカルトレーニングセンターでの専門的なトレーニングを併用することで、骨折部位の治療と可能な範囲での筋力維持増強・持久力維持向上を行う。
  4. 場合によっては主治医と相談しながら、可能な範囲で能力が低下しないようにトレーニングを行う。
  5. 競技復帰後も適切なトレーニングを継続しなければ再発の可能性があるため、復帰後も定期的にフォローをしていく。
  6. リスク管理:オーバーユースによる障害は疲労骨折に限った話ではない、単に治療するだけでは不十分である。疲労骨折は過剰負荷による結果を示している。リスク管理を完璧に行い全体の負荷量の調整をすることは選手にとって不可欠なことである。
  7. 食事の管理:骨格の健康のために重要な栄養素の摂取が不十分であることがしばしばみられる。栄養素の摂取が不十分であると骨折を増加させる可能性があるため、栄養の指導も必要な場合行う。

 

当センターでは鍼灸治療院(中山鍼灸治療院)が併設されているため、治療からトレーニング・ストレッチなどのホームエクササイズの指導まで全てサポートします。

 

1日でも早いトレーニング・治療が必要です。どこに行っても解消しなかったお悩み、是非1度メディカルトレーニングセンターにご相談ください。当センターでは見学・体験も随時行っています。

是非1度お気軽にご相談ください。

 

【訪問鍼灸・リハビリ対応エリア】

池上 石川町 鵜の木 大森北 大森中 大森西 大森東 大森本町 大森南 蒲田 蒲田本町 上池台 北糀谷 北千束 北馬込 北嶺町 久が原 京浜島 山王 下丸子 昭和島 新蒲田 城南島 多摩川 千鳥 田園調布 田園調布本町 田園調布南 東海 仲池上 中馬込 仲六郷 西蒲田 西糀谷 西馬込 西嶺町 西六郷 萩中 羽田 羽田旭町羽田空港 東蒲田 東糀谷 東馬込 東嶺町 東矢口 東雪谷 東六郷 ふるさとの浜辺公園 平和島 平和の森公園 本羽田 南蒲田 南久が原 南千束 南馬込 南雪谷 南六郷 矢口 雪谷大塚町 令和島 雑色 洗足池 天空橋 武蔵新田 蓮沼 沼部 六郷土手 穴守稲荷 石川台 京浜蒲田 馬込 大鳥居 梅屋敷 流通センター 御嶽山

 

 

中山鍼灸治療院

院長 中山 真一

営業時間

10 :00~23:00

定休日  不定休

中山鍼灸治療院 ホームページ

 

メディカルトレーニングセンター

〒144-0051

東京都大田区西蒲田7丁目43-9 THE CITY 蒲田Ⅱ 3階

TEL 03-6424-5751

080-7434-2522